顔のたるみを取るにはマッサージがおすすめ!

顔のたるみを取りたいと思ったら、まずは自分でできるマッサージをしてみるのがおすすめです。確かに美容整形手術を行えば、簡単にタルミを取れます。しかし、術後のトラブルや高い手術代などを考えると、気軽にできるものではないでしょう。そこでまずは簡単にできるマッサージを行ってみることをおススメします。

なぜ有効かというと、それは表情筋をほぐしたり、血行促進やリンパの流れを促進したりなどの効果を得られるからです。そもそも、顔がたるんでしまうのは、一つの原因として、表情筋の使用不足が挙げられます。実は、表情筋を使わないと、顔に脂肪がつきやすく、それがもとでたるんでしまうことがあります。また、たるみのもう一つの原因には、血行不足やリンパの停滞があります。

これらの流れが滞ると、老廃物は溜まりやすくなりますし、必要な栄養素や酸素が行き渡りにくくなります。そのため、むくみが生じて、たるんでしまう原因となります。ですがマッサージを行えば、たるみの原因となる表情筋の衰えやむくみを解消できます。そこで一分で出来る簡単なものがありますので、空いた時間でやってみると良いでしょう。

この方法は3ステップで、つぎのような手順になります。1.首筋のリンパ節(耳のすぐ下にある部分)を左右とも10回ずつ、下にするように撫でおろしていきます。2.鎖骨の上にある「欠盆(けつぼん)」というツボを親指以外の指を使って押していきます。3.左右の耳を水平に引っ張り、引っ張った後、円を描くように回してみましょう。

こうすることでリンパの流れがよくなって、たるみの解消が期待できます。ただ、この方法では表情筋は鍛えられません。ですが、フェイスマッサージは実はシワの原因となるため、おすすめできない方法になります。そのため、顔のたるみを取る際は、リンパマッサージを行い、表情筋を鍛えるときは顔の体操をするのが良いでしょう。

Filed under: ハイフ, 池袋, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website